モビット すぐ10秒診断特集

生活に困って以前に友人からお金を借りたことがあります。20万円でしたが快く貸してくれたのでそのときはとても助かりました。しかしお金を友人から借りるということはとても心苦しいことでありましてもう二度としたくないとそのとき思いました。借りようと思ったときはそんなに気にはしていなかったのですがやはりお金が絡むと人間関係が変わります。全部返済はしているものの関係はあまりよくなくなったと思います。

自分の場合は以前に債務整理をしているのでキャッシングなどはできません。借金は二度としないということで債務整理をしたわけですから当たり前のことであります。しかしそれでも友人からお金を借りてしまったということで後悔はあります。しかしお金は必要なときには必要なのです。まとまったお金を持っていないということは心細いものなのであります。そのときの20万円は車検の費用でした。ローンさえ組めなかったので仕方の無いことなのでした。
友人は自分が債務整理をしたということは知りません。しかし何故お金を貸してくれと頼まれたかと察すると理解しているのかもしれません。聞きもされませんでしたしこちらも言いません。お金のことに関しては多くの人が口をつぐむのです。お金を借りてしまった事実はなくなりませんのでもう二度とないようにしたいと思います。友人にもあとは迷惑をかけないようにして自分自身も一生懸命に働いてお金に余裕が持てればいいと思います。