映画館の魅力を再確認した日。

先日、久しぶりに映画を見に行きました。
映画は大好きなのですが、映画館に行ってまで見たいという作品がなかったのです。でも、ついに楽しみにしていた映画が上映されることになり、ウキウキしながら向かいました。
映画館は何より雰囲気がいいと思います。一人で見るのとは違い、みんなで同じものを見て感情を共有するという体験。今このシーンを見てあのへんの人はどう思っただろうな、などと考えながら見るのも楽しいです。家で一人になって映画を見るのも、気楽でいいなと思うこともあるんですけどね。
あと、映画館はやはり大きなスクリーンとしっかりした音響が魅力ですね。映画の臨場感が何倍にもなります。同じ映画でも映画館で見るのと自宅で見るのとでは物語の入り込み方が変わってしまい、感想が違ってくる事があるくらいです。ただ、あまりおもしろくない映画でも映画館で見ると面白く見えてしまうという事はありますが。
久しぶりに映画館に行ったので、チケットの買い方などが変わっていてびっくりしました。前はラミネートされた座席表が出てきて「この辺がまだ席ありますよ」と説明されて席を取るという感じだったのですが、今は画面に席の一覧が出てきて「色が付いているところが空席です」と言われて自由に選べる感じだったのです。こういうやり方だと、まわりにどのくらい人がいるのかとかも分かりますし、自分の座りたい場所を確保できて気楽です。
肝心の映画も素晴らしかったのですが、映画館というものの魅力を再確認してしまいました。また見に行きたいと思っています。